地紅茶 / Locally Grown Tea

  • 「地紅茶(Locally Grown Tea)」とは国産紅茶のことで,紅茶の会代表の藤原一輝により提唱されました。ここで、「国産」とは「日本産」だけを指すものではありません。一方で、日本産の紅茶を示す言葉としては「和紅茶」があります。
  • 平成10年(1998年)に鳥取県名和町(現在は大山町)の陣構(じんがまえ)茶生産組合において鳥取県で初めての紅茶が誕生しました.これは,紅茶の会の企画・提案に対して陣構茶生産組合が応える形で実現しました。
  • 陣構では,鳥取県以外の地域の紅茶を委託により生産しています.これにより,全国に地紅茶のネットワークが広がっています。
  • これまでに委託生産をしたことのある地域は,

京都府福知山市の福知山紅茶

静岡県下田市の開国下田紅茶

富山県富山市の富山紅茶

兵庫県朝来町の朝来高原紅茶

兵庫県生野町のコアニエティー

兵庫県佐用町の佐用あさぎり紅茶

兵庫県多可町のはせがい紅茶

和歌山県本宮町の熊野紅茶

   などです。

 

 

  • Japanese word "Jikoucha" is a localliy grown tea (black tea) in English. "Jikoucha summit" is event of all over Japan gets together in a place. 

私は、地紅茶という表現をとることの本質に、この本来中心となるべき基礎、基本という考えを持ちたいを思っている。

地紅茶こそ、紅茶の本質を言い当てていると思うからである。

 

                           ”

 

 地紅茶についてのエッセイ(2006)